クイックノート

ちょっとした発見・アイデアから知識の発掘を

リスニングの裏技「脳内シャドーイング」

英会話では、当然、相手の英語を聞き取ることが必要ですが、
英語に慣れてない日本人にとって、
英語の聞き取りは難しいですよね。

試験のリスニングなどでは、
とりあえず重要な単語さえ拾えれば、
後は正しそうな答えを推測するという小手先の技で、
何とかなることが多いですが、
パターンの決まっていない普通の会話では通用しません。

そんな時に、便利なテクニックが「脳内シャドーイング」です。
普通は口に出して言葉を追いかけるシャドーイングですが、
これを頭の中でするだけで、
驚くほどリスニングがしやすくなります。

シャドーイング

シャドーイングとは、
耳から入ってきた言葉を、
直ぐ後を追いかけて、口から同じ言葉を出すという、
英語の練習方法の一つです。

リスニングとスピーキングを同時にできるということもあって、
よく勧められている練習方法です。

日本語だと簡単

一度、日本語で、テレビのニュースなどを聞きながら、
アナウンサーの後に続いて、同じ内容を声に出してみましょう。

一度もシャドーイングをしたことがなくても、
日本語なら驚くほど簡単にできることが分かると思います。

つまり、日本語を自由に使えれば、
日本語のシャドーイングも自動的にマスターしているのです。

逆に言えば、シャドーイングできる状態に持っていけば、
その言語をマスターした状態に一歩近づける
と言えます。

シャドーイングの難しさ

ただし、英語でシャドーイングしようと思うと、
大きな壁に当たってしまいます。

それは、発音・発声の方法の違いです。

当然、英語は英語の発音・発声方法で話されているので、
それをシャドーイングしようと思うと、
普段の日本語の発音・発声方法では無理があります。

英語の発音・発声方法を会得していない状態では、
単なる真似すらも難しく、
いわゆる舌が回らない状態になり、
全然、ついていけないという状況に陥ります。

このハードルが意外と大きく、
シャドーイングを挫折する原因となってしまいます。

脳内シャドーイング

シャドーイングでは、
スピーキングの基礎がある程度できていないと難しいですが、
一旦、リスニングだけに絞れば、
「脳内シャドーイング」が使えます。

脳内シャドーイングでは、シャドーイングで言葉を口に出すかわりに、
頭の中で言葉を読み上げます。

頭の中で読み上げるので、
舌の回転のせいで追いつけないということはありません。

もちろん、慣れるまでは、
上手くついていけないこともありますが、
次第に、ついていけるようになります。

脳内シャドーイングのコツ

脳内シャドーイングのコツは、
とにかく、耳で聞いた言葉を反復するということです。

単語や、単語の意味、そして、文章の意味などは二の次で、
とにかく、同じ音声を頭の中で再生できるようになりましょう。

知らない単語などが表れても、音自体は聞いた通りなので、
聞いた通りの音が再生できればそれでいいのです。

そもそも、次のような会話文を考えてみてください。
「○○って知ってる?」
「知らない」
「〇〇っていうのはね~」

この会話文では、そもそも単語を知らない前提で話しが進んでいますよね。
この手の会話はそもそもが、音として単語を認識しているのです。

脳内シャドーイングでは、この音として単語や文を捉えるのがコツです。

音で捉えることの恩恵

音で捉えると、
言われたことをもう一度頭の中で
再生するみたいなことができるようになります。

つまり、脳内シャドーイングで、
より時間遅れで再生するということですね。

これができるようになると、リスニングに余裕ができるようになります。

聞いてすぐに意味が分からなくても、
思い返すことで意味が分かれば十分ですよね。

実際、日本語でも、その瞬間は分からなくても、
言われたことを反芻すると、理解できるという場面がありますよね。

英語でも同じようにできると、
聞いた瞬間瞬間で意味がつかめなくても、
頭の中でリピートして意味がつかめるという
余裕を持ったリスニングができるようになります。

まとめ

リスニングの裏技として「脳内シャドーイング」を紹介しました。

是非、下の記事のポッドキャストなどで実践してみてください。

clean-copy-of-onenote.hatenablog.com

プライバシーポリシー